「見る」の違い

英語で難しいのは似たような単語の使い分け。

英作文や会話でどの単語を使うのか迷う人も多いとおもいます。

 

今回はよく高校入試でも問われる

似たような表現の使い分けをみていきましょう。

 

「見る」

 

まずはこの動詞。中学生のうちに習う表現としては

see

watch

look at

なんかが有名でしょうか。

大人でもこれらの単語を使い分けられていない人は

意外と多いような気がします。

ひとつひとつみていきましょう。

 

seeは「見える」とおさえましょう。

自然と視界に入ってくる感じです。

なので、よく海外ドラマなんかではseeを「ほら」という意味で使います。

見てのとおりでしょ?ということです。

また”I see.”(わかりました)も「全体が見える=わかる」というところからきています。

 

watchはseeよりも意識が通っていて

「見ようとして見る」という感覚です。

なので「映画を見る」はwatch the moviesですし、

バードウォッチング(bird watching)という表現になります。

 

look atは中1で習う熟語表現で、

lookをみたらatをつかなくっちゃと思っている人もいるかもしれません。

ですが、look at はそれぞれ別々に意味をおさえておく必要があります。

 

lookは「目を向ける」という意味です。

目の「動き」を表す動詞なのです。

このように「単なる動き・考え」を表す動詞を「自動詞」といって

前置詞との組み合わせでいろんな意味をつくることができます。

 

例えばlookだけでも

look for 「~を探す」

look into 「~を調べる」

look over 「~にざっと目を通す」

look after 「~の世話をする」

などたくさんの組み合わせ表現があります。

 

これらを全部丸暗記するのは大変ですが、

lookのイメージとそれぞれの前置詞のイメージをマスターすれば

暗記に時間がかかりませんし、

他の場面でもうまく前置詞を使える応用力が身につきます。

 

いかがでしたか?

似たような表現でもニュアンスの違いを知っておけば

それぞれ使い分けられるし、表現力を磨くことにもつながります。

気になった表現があれば辞書などで調べて、その違いを感じ取ってみてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です