【結論】毎日やれ

 

ここのところ気がついたことがあります。

 

それは。。。。。

 

 

英語は毎日やらなければできるようにならない

 

 

ということです。

 

残念ながら週に1~2回やったくらいで

できるようになるようなものではありません。

 

いまぼくはスペイン語とフランス語を勉強しているのですが、

やはり日にちをあけてしまうと全然わからなくなるんですね。

 

ネイティブの先生に教えてもらっているのですが、

授業を受けたときはなんとなく楽しくて「わかった」気がするのですが、

やはり「できる」ようにはなっていません。

 

ぶっちゃけますと、スペイン語はそれなりに毎日やっていたので

ある程度は読めるようになってきたのですが、

フランス語はサボり気味だったので全然なんです。

 

でも、毎日ただやっていればいいのかというと

そうではありません。

 

例えば、私たちはおそらくほとんどの人が毎日お風呂に入って

毎日歯を磨いていると思いますが、

果たしてそれで上手くなっているのでしょうか?

 

やるだけでできるようになるなら、

いまごろ私たちはお風呂と歯磨きの達人なはずです笑

 

 

だから毎日ただやるのではなく、

「意識してやる」ことが必要になってきます。

 

単語を何個覚える

英文をぱっと言えるようにする

長文を30回読むなど、

 

数値を意識して毎日やるというのがポイントです。

漫然と繰り返してもダメだということです。

ノートにやるべきことを目標とともに書いて

淡々と毎日やるしかないのです。

 

*【さみーの秘密】赤いノートに毎日やるべきことが書いてあります。

 

なので、はっきりと書きますが、

塾や予備校、英会話スクールに通って

英語をできるようにしようとしても

自分で毎日やらなければできるようにはなりません。

 

週1~2回で授業を受けるだけでも、

多少の変化はあるかもしれませんが、

できないものをできるようにするほどの効果はないのです。

 

むしろ、授業というのはモチベーションを上げたり、

ちょっとしたきっかけやコツを聞くものであって、

いわば「型」を習うようなものですから、

それを習得するのは毎日欠かさず自分でやるしかありません。

 

なので、この春から英語をはじめたい人、

あるいは今度こそ英語をできるようにしたい人は、

数値を意識して毎日やる仕組みを作る必要があります。

 

塾や予備校、英会話スクールを選ぶなら

その仕組みがちゃんとしているところがおすすめです。

ここに入ることによって

これを受講することによって

自分が毎日英語をやれるようになるかどうかで判断すべきでしょう。

 

授業をただやってくれるだけぼところでは、

毎日の学習が仕組みかできていない人だと

まず伸びません。

 

毎日やる。。。

 

どんなことでも成功に至るには

これ以外の道はないということを受け入れてしまえば

あとは楽勝です。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です