【毎日】やるべき3つのトレーニング

 

ぼくは小学生から社会人まで幅広い年齢層の方に英語を教えていますが、実はやるべきトレーニングというのは、すべて共通しています。ぶっちゃけ、毎日この3つのトレーニングをやる続けてくれれば、目標とする英語力は必ず身につけることができます。

1.たくさん単語に触れる

語彙は英語を学ぶ上で欠かせないものですが、なかなか覚えられませんよね。ノートに書く、赤シートで隠すなどいろいろあると思いますが、ポイントは日本語訳を覚えようとするのではなく、具体的なイメージを抱いてそれを回数多く想起することです。

 

イメージというのは、単語の肌触りというか、意味のバリエーションといっていいと思うのですが、例えば単語帳だとseewatchlookはすべて「みる」ですが、それぞれ使われる文脈やニュアンスが異なります。

 

そうした違いをおさえて、単語の訳を暗記するだけでなく、それぞれのイメージを掴みながら、あるいは使い方を抑えながら数多く単語に触れられると、とっさの一言を述べるときに自然な表現がチョイスできるようになります。

 

コツとしては無理に覚えようとせず、これって英語でなんて言うんだろうと思ったらどんどん調べてみることです。それで似たような単語との違いとか、実際にどう使われるのかを例文で確認したりして、好奇心をもって気軽に英単語にたくさん触れるようにしてみてください。

2.英文を声に出してパッと言えるようにする

英語は言葉ですから、やはり実際に声に出すという練習が基本となります。英会話のフレーズでも、よく使う英語表現でも、とにかく声に出して、パッと言えるようにしなくてはなりません。できれば、その表現がなぜそういう意味になるのか、という文法的なルールのところまで理解して使えるようになると理想的です。

 

英語には、同じことを述べるのにもいろんなオプションが存在します。なぜこの状況ではこの表現をチョイスするのか、そうすることによってどんなニュアンスで英文が使われているのかというところが感じ取れるようになると、コミュニケーションに深みが出てきます。

 

気をつけなくてはならないのが、ただ話せればいいという発想です。わたしたち日本人は誰もが日本語を話せるわけですが、それと「言葉遣い」は別問題ですよね。それと同じことです。外国語になると、そうした表現の適切さということをおろそかにして、とにかくペラペラ話せればいい、伝わればそれでいいという乱暴な意見がありますが、外国人とより真剣に信頼関係を築こうと思うのであれば、やはり表現の選択ができる英語力を身に付けたいですね。

 

そのためには、英文法の知識はおさえておいて損はありません。表現の違いがわかるのは文法力だからです。おすすめは『1億人の英文法』(東進ブックス/大西泰斗・ポールマクベイ著)この本に書いてあることがしっかり頭に入っていれば、文法は十分です。きっと英語表現の違いを感じ取れるようになります。

 

↓もうボロボロですけど、右上のテキストが『1億人の英文法』

 

3.リアルな英語を読んで聞く

英語の勉強というと、はじめはどうしても単語帳や文法書がメインになるのですが、基本を押さえたら、どんどんリアルな英語に触れるほうがいいです。最近ではYoutubeTEDトークなど、海外のコンテンツに簡単に接することができるので、そうしたものを使わない手はありません。

 

圧倒的なインプットというものがあって初めてアウトプットへとつながります。なので、毎日やっても飽きないコンテンツを選ぶのがいいでしょう。できれば、洋書のように「読む」ためのコンテンツと海外ドラマのように「聞く」コンテンツと2種類あるといいです。

 

もちろん、ただ読んで聞いてでおしまいにするのではなく、そこに出てきた面白い表現や知らない単語などは、メモ帳に記録して、移動中や寝る前、朝起きた時のちょっとした時間に見返すといいです。(12のトレーニングですね)やってみるとわかりますが、ストーリーや場面を覚えていたりするので、表現や単語がとても生き生きとしてものとして頭に入ってきます。

 

ちなみにですが、ぼくは、1週間に大体1冊の洋書を読んで、毎日最低1本の海外ドラマを聞いて、表現を増やしていっています。洋書からは30単語、海外ドラマからは10フレーズは新しい表現をインプットするように心がけています。

 

どんなことでもそうだと思いますが、なにかをものにしようとして取り組むのと、ただ言われた通りにやるのとでは、その効果が違ってきます。なので、ぜひ毎日なにかしらを得ようと思いながら、英語を楽しんでみてください。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です